Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

Home » ゲーム » VR » Virt-A-Mate(VaM) » Archive by category "with Unity"

Virt-A-Mate - Unityで暗闇でも光る物体のAssetを作ってみた。 -

暗闇でもぼーっと光るようなもの。 調べた限りではMaterialでEmissionにチェックを入れれば良さそうだ。 チェックを入れたもの。 チェックを入れないもの。 CubeにこれらのMaterialをドロップしてAss

Continue reading


Virt-A-Mate - UnityでSkybox的なものを作り360°画像を貼ってVaMに持ち込む。 -

Unity 2018.1.9f2 360°画像は「Virt-A-Mate – Street Viewから360°画像を得てVaMで使う。 –」で入手可能になった。 あるいは、フリーの画像を配布して

Continue reading


Virt-A-Mate - ゆれるオブジェクト -

イヤリングとか提灯とか、ゆらゆらゆれるAssetを作れないか試してみる。 Unityでの設定は以下の通り。  3つのCubeをUnityで用意する。   わかりやすくするためにMaterialを用意してそれぞれ違う色にす

Continue reading


Virt-A-Mate - .assetbundleを作る。 -

VaM用の.assetbundleを作る手順を書く。 すでに書いてあるのだが、迷いながら作り方を記事にしていったのであちこちに書き散らかしていてまとまりがない。 そこで、改めてまとめて1つの記事にする。 Blenderで

Continue reading


Virt-A-Mate - クロームメッキのような表面のAssetを作る。 -

作成したものはhttps://reple.booth.pm/items/3016886で販売中。 テカテカした鏡面仕上げのクロームメッキ風のAssetを作ってみた。 Blender(2.92.0) Blenderでオブジ

Continue reading


Virt-A-Mate - BlenderからUnity経由で読み込む際のサイズ感 -

どこかに書いたかもしれないけど。 Blenderで作ったオブジェクトをUnity経由でassetbundle化してVaMに読み込む際にはスケールの設定が何か所もある。 Blender上でのサイズ。 FBXにエクスポートす

Continue reading


MMDのデータをVaMへ取り込む前にBlenderで編集する。

「MMDのデータをBlenderとUnityを経由してVaMに読み込む。」ではBlenderでは単にFBXへ変換しただけだ。 VaM上でよく見たらこんな感じになっていた。 ガラスが一方向からしか透けてない。 Blende

Continue reading


Virt-A-Mate - Spy Camera and Tablet を自作してみる。-

Spy Camera and Tabletというのを知った。 redditで作者さん(WithFlyingColor氏)が作り方についてコメントしてるのを見つけた。 参考にして自分でも作ってみた。 Done in Uni

Continue reading


SketchUpのデータをBlenderがらみのUnity経由でVaMに読み込む。

環境 Unity 2018.1.9f2 何気にSketchUpのデータ・ファイルをUnityにドロップしてみたらそのまま読み込めた。 そのままではほとんどテクスチャというかマテリアルが設定されず、特に室内は真白だが、 下

Continue reading