Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

mbed LPC1114FN28 開発環境

秋月で新商品を眺めていたら「こどもパソコン『IchigoJam』」というのが発売になっていた。
本家のサイトにはコンセプトが書かれていて、曰く、

ファミコンゲームづくりに憧れ、MSXを手に入れた、小3の頃。プログラミングに夢中になった楽しい思い出。コンピューターがあふれる現代ですが、プログラミングするきっかけはむしろ減っています。誕生50周年を迎えた、初心者向けプログラミング言語BASICを、現代風に復活させた、1500円から買えるこども用プログラミング専用のパソコン、それが IchigoJam(いちごじゃむ)!

ここまで完璧に賛同できるコンセプトも珍しい、1500円だし。
で、ポチる気満々で、秋月は送料が掛かるから、候補に挙げてあった購入予定パーツを確認しがてら、IchigoJamのことも調べてみた。
どうやらLPC1114FN28を搭載し、ファームウェアも公開されていて、USB-シリアル変換ボードがあれば生のLPC1114FN28に書き込めるらしいとわかった。
1500円を惜しむ気は無いが、面倒なことをちまちま楽しむための電子工作の一端な訳だから、これは、パーツをそろえて1から作るのが筋だろうということになった。
そう思ってさらに調べていると、LPC1114FN28は秋月でたったの140円だということと、なんと、あのmbedでもサポートされているということが判明した。

そこで、本題。
ポチったパーツが届くまでに間があるので、mbedの開発環境でも準備してみる。
とにかく、総本山のhttps://developer.mbed.org/へ行く。
[Login or signup]から登録する。
mbedinst01
[Signup]をクリックする。
mbedinst02
未登録ならこっちをクリックする。
mbedinst03
いろいろ入力して[Signup]をクリックする。
mbedinst04
ボードをつないでって言われても、まだ持ってないし。
mbedinst05
仕方ないから「Compiler」でも様子見する。
mbedinst06
デバイスを選択しないと何も始まらないようなのでここをクリックして、
mbedinst07
開いた窓で[Add Platform]をクリックする。
mbedinst08
飛んだ先で、LPC1114FN28を使っている「mbed LPC1114FN28」をクリックして、
mbedinst09
コンパイラに追加する。
mbedinst10
追加しましたよ。
mbedinst11
コンパイラに戻ると確かに追加されているようだ。
mbedinst12
秋月にある一番安いmbed、Aruduino互換ボードも、
mbedinst13
追加してみる。
mbedinst14
「mbed LPC1114FN28」を選択して[Select Platform]をクリックする。
mbedinst15
新しいプログラムを作ってみる。
mbedinst16
Lチカのサンプルが用意されているらしいのでこれを使ってみることにする。
mbedinst17
それっぽいコードが用意されている。
mbedinst18
「mbed LPC1114FN28」の説明ページのPinoutにあるLED1ってのを点滅させるんだろう。
mbedinst19

この話の続きは2方向へ分かれる。
1.IchigoJam関連—>「追加投資255円(税込み、送料別)でIchigoJamを試す。(本体組み上げまで)
2.mbed関連–>「mbed LPC1114FN28 mbedでコンパイルしたbinファイルを書き込む

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: mbed系


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.