Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

robocopy

robocopy変更のあったファイルだけをコピーするフリーウェアを探していたら、robocopyというコマンドがあることを知った。
Windowsのコマンド・ラインから使えるものの中に、まだまだ知らないものがたくさんある。
基本は、
ROBOCOPY コピー元 コピー先
だが、
/MIR
をつけてミラーリングする手も使える。
エラーが出るといつまでも待ち続けるというお馬鹿な初期設定なので、
/R:3
/W:5
なども追加するといい。
これで、再試行回数が3回、待ち時間が5秒となる。
ちなみに初期設定では、試行回数が100万回、待ち時間が30秒となっている。
放って置くと1年間くらい試行し続けることになる。
ちょっと馬鹿すぎる

/R:n :: 失敗したコピーに対する再試行数: 既定値は 1,000,000。
/W:n :: 再試行と再試行の間の待機時間: 既定値は、30 秒です。
/REG :: /既定の設定としてレジストリに R:n と /W:n を保存します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: Windows 7 Pro 64BIT


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.