Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

cura Build Plate Adhesion

curaのBuild Plate Adhesion関連のセッティングについて。

現在のセッティングは下のようになっている。
表示されてない部分は初期値のままということだ。

Raftがはがれにくいような気がしたので調べている。
もとは0.3mmだったRaft Air Gapを0.4mmにしてみた。
この時点で意味は分かっていない。
そもそもたくさんある項目の他の値も何を示しているのか良く分からないので、ちょっと調べてみた。
このページの図が分かりやすいので貼っておく。

Raft Air Gapに関してはそのまんまの意味だった。
はがれにくさとの関係で言えば、初期設定の0.3mmより0.4mmの方がはがれやすくなり、物の出来自体は目で見てわかるほどの違いはなかった。
ただ、Raftと接している底面がちょっとざらついた感じにはなる。
思っている通りなら、底面の層をプリントするときに少し浮いた位置からフィラメントを落としてる感じになるのだろうから、ギャップを広げれば荒くなるのは当然だろう。

くっつきを減らすなら、Raftの最上面を印刷するときにファンを強めにして冷やせばいいような気もする。
こちらはまだ試していないので、やったら追記する。

やったので「cura Raftの設定」に書いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: ソフトウェア関連


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.