Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

cura Raftの設定

cura Build Plate Adhesion」の続き。
設定はいろいろあるのだが、良く分からない。
とりあえず、ModelとRaftの間に関係すると思われる設定を少しずつ変更してみる。

5桁の数字でそれを区別した。
万の位 = Raft Extra Mergin (mm) :
    Raftのはみ出し部分の幅。
    これは、はがれ方には関係ない。
    ただ、はがすときに指で持つ部分になる。
    今回はすべて3mmにした。
    つまり、先頭の数字は全部3。
千百の位 = Raft Air Gap (mm) :
    ModelとRaftの間の隙間。
    ノズル径より大きければ、Modelの最初の層は置きに行く感じになる。
    0.3mmか0.4mmとしたので、03か04。
十一の位 = Raft Top Fan Speed (%) :
    Raftの一番上の層をプリントするときのファンの速度。
    冷やせば粘着力は小さくなると思われる。
    0か50とした。

30350(Gap:0.3mm, Fan:50%)
そこそこ力は必要だが手できれいにはがせる。

30300(Gap:0.3mm, Fan:0%)
手でははがせない。
ペンチのようなものでつまんで力ずくではがす。

それでも一部が残ってしまい、刃物で削り取るしか方法が無い。

30400(Gap:0.4mm, Fan:0%)
手できれいにはがせる。30350より力が少なくて済む印象だ。

とりあえず30300の設定はもう使わないと思う。
ファンの有り無し、あるいはGapの大小、というところなのだが、今のところ違いが良く分からない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: ソフトウェア関連


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.