Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

Fluid Test 2019-12-04-01 (Blender 2.79b)

以前の記事(「Fluid 07 (Blender 2.67)」)を見たら、あっさり過ぎて良く分からないところがあったので書き直し。
2x2x2mmと10x10x10mmのCubeを用意する。
スケールに関しては、私の場合は3Dプリンター用のサイズ感になっているので数ミリとかいう大きさになる。
適宜変更すればいいだろう。

小さいCubeを流れの流入元(Fluid)として以下のように設定する。

大きいCubeはFluid Simulationの計算範囲(Domain)として以下のように設定する。

破線で囲った部分はSimulationの一時ファイルの保存先だ。
あとで使うなら、わかりやすい場所に変更しておく。
Bake(赤い矢印)をクリックすれば計算が開始される。

計算が終わったらRenderタブからAnimationをクリックすれば画像や動画が出力される。
出力先や出力形式は上のように設定する。
ここではpngの連番画像として出力した。

吐出量10倍

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: Fluid


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.