Sahara's WebLog

日記のような、備忘録のような、うらみつらみのような、自慢のような…。

確かにそうだけど

コムスン、自民党内から厳しい批判相次ぐ : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

自民党内で7日、厚生労働省から介護事業所の新規指定などが認められなくなった訪問介護大手「コムスン」に対し、厳しい批判が相次いだ。

 丹羽総務会長は党本部で記者団に、「同じグループに(事業を)譲渡して営業するという脱法的なことは、人間の尊厳である介護を手がける事業者にふさわしくない。厚労省の認識は甚だ甘い。(コムスンは)直ちに退場して欲しい」と語った。高村正彦・元外相は高村派総会で、「処分逃れや脱法行為という結果にならないよう、厚労省や各自治体は厳しい判断をして欲しい。公務員は、詐欺に該当するような場合は告発義務をきちっと果たしてもらいたい」と指摘した。伊吹文部科学相も伊吹派総会で、「子会社に衣替えするようなことはさせるべきではない」と批判した。

(2007年6月7日18時59分 読売新聞)

確かにそうだけどさ、
似たようなことは、政府関連機関でもいくらでもやってるじゃん。

社会保険庁†>ねんきん機構

人のこととやかく言える立場なのか?
民の規範たる公がそんなことでお茶を濁すんだから、
利潤の追求が本分である民が取る手としては別に文句言われる筋合いではない。
コムスン関連会社を利用する顧客が減少し、
事業が悪化するというように市場原理で浄化がはかれればいいわけだ。
で、ねんきん機構はぬくぬくと生き残り続け、我々は搾取され続ける…。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Posted under: 社会


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.